無垢鉄のダメージ加工

無垢鉄のダメージ加工

 

昔からアイアン加工したものがものすごく好きで、

取っ手、ちょっとした納まりで頻繁に店舗施工に使って来ました。

 

そもそもアイアンを加工するのに通常「角パイプ」って言って

中身がつまっていない棒の方が加工がしやすいのですが、

あ、え、て、

中身の詰まった無垢鉄を使います。

 

めっちゃ固いし、重いし、好きじゃなかったら本当にただただ効率悪い物体です。

これを腱鞘炎になるくらい叩きまくって、「重ね塗り」ならぬ「重ね叩き」で形成していきます。

 

毎回作ってるときは二度とやらないって思うのですが、

出来上がりを見るとその格好良さに「またやっても良いかなぁ~w」って

40過ぎのバカな男になってしまいます。はぁ。店舗施工ってつらいです。

 

img1

設計実績と設計例

社長ブログレポート

エイジング塗装って何

設計事務所フリークラウド 新着情報

室名サイン
19-05-21_0019

新着情報 2019/6/3

  ピクトや室名表示も若干の厚みを持たすとそれなりになります。 …

カッティングシートのオススメ使用方法その2
19-05-21_0049

新着情報 2019/6/1

  ちょっと実験的に自分の会社で 「グレーの半透明のカッティン…

カッティングシートのオススメ使用方法その1
19-05-21_0021

新着情報 2019/6/1

  ちょっと実験的に自分の会社で 「グレーの半透明のカッティン…

小菅亭 kosugetei
19-05-21_0123

店舗紹介 2019/6/1

  創業、明治二十八年の善光寺門前のお蕎麦屋さんの工事をさせていただ…

長野市設計事務所の求人情報

長野設計事務所フリークラウド サイト内検索

社長からご挨拶
社長近影

当社では長野県を中心に店舗デザインを200件以上させて頂いております。 得意ジャンルは飲食店デザインで、必殺技はエイジング塗装でございます。 あまり他の事務所がやりたがらないマニアックなジャンルで反響をいただいております。 プランニングからアフターフォローまでワンストップサービスでトータルプロデュース致しますので安心してお取引いただけます。 ぜひご検討くださいませ。

長野設計事務所 タグクラウド

PAGE TOP