無垢鉄のダメージ加工

無垢鉄のダメージ加工

 

昔からアイアン加工したものがものすごく好きで、

取っ手、ちょっとした納まりで頻繁に店舗施工に使って来ました。

 

そもそもアイアンを加工するのに通常「角パイプ」って言って

中身がつまっていない棒の方が加工がしやすいのですが、

あ、え、て、

中身の詰まった無垢鉄を使います。

 

めっちゃ固いし、重いし、好きじゃなかったら本当にただただ効率悪い物体です。

これを腱鞘炎になるくらい叩きまくって、「重ね塗り」ならぬ「重ね叩き」で形成していきます。

 

毎回作ってるときは二度とやらないって思うのですが、

出来上がりを見るとその格好良さに「またやっても良いかなぁ~w」って

40過ぎのバカな男になってしまいます。はぁ。店舗施工ってつらいです。

 

img1

設計実績と設計例

社長ブログレポート

長野設計事務所フリークラウド サイト内検索

長野設計事務所 タグクラウド

PAGE TOP